便利なシステム

求人情報サイトについて

働き口を探すための情報提供主に、求人情報サイトとよばれるものがあります。求人情報サイトに関わるのは、運営者と求職者と募集者です。 運営者の仕事は募集者の管理です。運営するサイトに仕事の情報が無ければ、求職者が集まる事はありません。だから募集者の提示した条件を載せる事で、求職者集めに奔走します。 求職者が求人情報サイトに集まるのは、豊富な求人情報が載っているからです。無作為に探すよりも効率的な仕事探しができます。 募集者は欲しい人材の詳細をまとめて運営者に提出します。求人誌などとは違い掲載料を継続的に支払う必要がありません。その代わり求職者と募集者が契約に至ったら、報酬を運営者に支払う必要があります。それは成果報酬と呼ばれるサービスです。

利用すべき求人情報サイトは雇用形態で分かれる

しかし派遣社員を雇用する場合は、少しやり方が変わります。ジョブリンクのような派遣社員を活用するサイトは、運営側で求職者の管理も必要です。なぜなら派遣での仕事は募集者と求職者が契約をしないからです。前述したケースだとジョブリンクと求職者が契約する事になります。 派遣社員の情報を管理するのは派遣企業体なので、派遣契約はジョブリンクのような求職者の情報を管理できるサイトが必須です。募集者の情報しか管理していないサイトは、正社員やアルバイトのような直接雇用に限られます。 以上のように雇用形態によって、活用すべきサイトは変化するのです。ジョブリンクのような登録作業が必要になるサイトは、派遣情報が掲載しているという場合が多いと言われています。